上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕が書くのも読むのも好きな舞台が「喫茶店」と「Bar」だ。
と、言いながら喫茶店が舞台の話しといえば総合で書いたこっこたいる位の物で、Barが舞台となると最近書いた忠人と姫君だけだったりする。本当に好きなのか。

( ФωФ)ロマネスクが十年ぶりにやってくるようです
ttp://nagixnagi.blog38.fc2.com/blog-entry-405.html

まとめ先jはナギさん。
読んでいて久々に、そんな事を思い出した。
10年、というと僕自身の人生で言えばかなりの比率を誇る。
この10年、まぁ、良くも悪くも10年なりの10年だった。
僕は一時期横浜(と言っても東横線の渋谷寄りだったが)に住んで居たことがある。
本当は東京・神奈川に骨をうずめる気で居たのだが、訳あって地元(余談だが、鋼鉄処女さんのクトゥルフ神話祭り参加作品の舞台のモデルの村のめちゃくちゃ近くである)に帰ってきた。
帰ってきたときまずやった事といえば、とりあえず馴染みの店に顔を出す事だ。
その中に、中・高と通っていたなじみの喫茶店がある。
そこにも行こうと思って居たときに、聞いた話し。

「あそこの店、マスター替わったよ」

何があったのかは知らないし、多分知る事も無い。
率先して知ろうとも思わないが、少し地元を離れただけでそんな事もあるものか、と思う。
一応行くには行ってみた。マスターは知らない人だった。
店の雰囲気はそのままに、メニューは少しかわっていた。
何処と無く寂しく思い、それ以来その店には行っていない。
そんな事を、ふと思い出す作品だった。


余談だが、今では馴染みの店は地元にある2件のBarだ。
片方は世界中のビールを置くビールバー。県内で唯一バスペールエールが飲める店だ。品揃えもかなり極まっている。
もう片方はショットバー。こちらはマニア垂涎のレアモルトからカクテル、ワイン、果ては日本酒まで揃う品揃え。どれも美味い。しかも葉巻、パイプまで置いてあるのだから恐れ入る。
僕が年若い、というのもあるのかも知れないが、両方の店のマスターにはだいぶよくしてもらっている。
それぞれのお店の常連の人と話す事もある。たまに奢ってもらう事もある。
あと10年たったら、今の僕ぐらいの年のヤツに僕が奢ってやる番だろう。
こういう場所での出会いは面白い。共感する話し、ためになる話もあるし、時には反感を覚える話しもある。
こういう雰囲気が、僕がこういった場所を物語の舞台として好む理由なのだろう。


カウンターという泊まり木には、物語という鳥が羽を休めている。
スポンサーサイト

コメント

てか。。。

アレだな、人 妻のほうがぶっちゃけ気持ちよかったよw
http://oppao.net/kgg/c5dmigt/

No title

>マイコー富山
俺は人妻は無理だわ。
JKとかJDがいい。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://f6anaat.blog40.fc2.com/tb.php/51-5c5fd382
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。