上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日、バイトからの帰宅途中に交差点でDUB系な感じのクラウンと並んだ。
結構な数のモニターがインストールしてあって、ホイールもメッキぎらぎらの19in.
ボディも綺麗に磨いてあって結構気合入ってる感じだったけど、明らかにノーマルの貧相なマフラーがあまりにも残念。てかグレード低いんじゃねぇの?
いや、マフラーエンドのカバーならホームセンターで3000円くらいで売ってるからさ。
せめてそれつけようよ。結構印象変わるから。
今度、僕のHB11Sにもつける予定です。

数ヶ月前に買った「ライトノベルを書きたい人の本」というのを昨夜やっと読んだ。
僕は間違ってもプロを目指しているわけではないが、やはり文章を書くのが好きだ。
好きな事に対していくらかの投資を行うのは当たり前だと思う。
当たり前だと思ってやっていた事も書いてあったし、なかなか参考になる事も書いてあった。
これで、今後僕が書くものがより良くなるのであればいいと思う。

知人、というほど親しくも無いのだが、僕の知っている人で本職のシナリオライターをやっている人がいる。
元々は同人ゲーの人だが、既に某レーベルに所属。今度出るゲームのメインライターをやるらしい。
密かに元走り屋であり、昔は400ps仕様ドッカンターボのFCに乗ってブイブイ言わせていたらしい。
その人の話を聞くと「やっぱプロってすげーわ」と改めて痛感する。
やはり好きでちょろちょろ書いているなんてレベルではやりきれない世界だと思う。生命削って本気で取り組まないと駄目なものなのだ。本気の文章と言うのは。
ラノベのあとがきなどを読んでいると、結構お気楽に見えるものだが、やはりかなり苦労があるのだろう。
あのあとがきが、余りにも軽く書いてあるのは、彼らが生粋のエンターテイナー、サプライヤーだからなのだろうと思う。
やっぱプロってすげーわ。
とかく、僕は僕の作品をより良く書き上げる事に尽力しようと思う。
その程度であれば、僕にも出来るはずだ。

話は変わる。
僕は少しばかりエロゲを嗜んでいる。
主にテキスト優先のノベルゲームを好んでプレイするのだが、去年の夏に素晴らしいゲームが出た。
レイルソフトの「霞外籠逗留記」というゲームである。
シナリオライターは「希」(おそらく「こいね」と読む)なる人物なのだが、とにかく凄い。
僕も読むのが好きで様々な文章を読んできたが、その美麗さにこれほど感動したのは初めての体験だった。
とにかく、全ての文章・表現が「美しい」のだ。
最近の通説では、文章そのものの綺麗さよりも個性であったりという物が大事だと言うが、そんな考え方など吹き飛んでしまうほど美しい。
基本的には昭和初期辺りの古い文体を踏襲したものなのだが、かと言って読みづらさは無く、どんどん物語に引き込まれていく。
ゲーム冒頭にでる「全てのお話好きに捧ぐ」という謡い文句は、決して間違いではない。
ストーリー的には複線もさほど複雑ではなく、終盤辺りからオチも見え、エンディングもそれほど意外性に富むものでは無いのだが、しかしそれを逆に良しとする「ハズシの無さ」があると思う。
とにかく「美麗」。その一言に尽きる文章・表現こそがこのゲームの要だ。
テキストを「読む」事に特化したゲームエンジンである「VRシステム」に関しては、まだまだ改善の余地は多いと思う。人によっては不要と感じるだろう。
「腐姫」等で一世を風靡したライアーソフトの姉妹ブランドであるレイアルソフト。
その処女作がコレだ。今後も、かなり期待できると思う。
皆さんも、機会があれば是非プレイしていただきたい。

結構長々と書いてしまった。今日早朝シフトなのに。
まぁ、どうせ徹夜で15話と合作向けの話書くつもりだったからいいんだけど。
本来、ブログというのはこう長々と書くものでは無いのだろうけれど、僕が気の向くままに筆を取るとこうなる。
さて、さっさと執筆に戻るとしよう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://f6anaat.blog40.fc2.com/tb.php/23-abdbee4a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。