上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投下したのはこちら。

ここは从 ゚∀从の死に場所では無かったようです。(リンク先:ブーン系小説総合スレ 【 裏 】 まとめ(仮)様)

久々の投下でした。
というかシベリアバージンブレイクってヤツでした。
ジャンルは一応、ミリタリー系ですすめた感じ。

ミリタリーって好きなんですが、書くときにかなり気を使うんで書いてて疲れるんですよね。
派手重視のガンアクションならめちゃくちゃやってもいいんですが、ミリタリーと題すると雰囲気を引き締めないとならんので。
あまり理に適わない事は出来んのです。
というか自分が拒否反応出してしまうので。

ガンアクションに限らず、さらに漫画、小説、アニメ、ドラマも問わずあらゆる作品において「考証」と言うのはすべからく重要な要素でしょう。
しかし、以前のリアリティ論でも書いた通り、過度のリアリティの追求は決して作品を良くする事は無いと僕は思っています。

とは言っても作中における、現実とは異なった描写。
たとえばチーフズスペシャルにセーフティがあったりグロックGシリーズにハンマーがあったり、と言うのは読んでいて非常に気になります。
しかし、広江礼威のブラックラグーン等のガンアクションではしばしばリアリティを無視しためちゃくちゃなアクションが出てきます。
ゴルゴとかは弾道学に喧嘩を売るような描写もあって結構酷いもんです。
ですが、こちらはまったくもって気にならず、むしろ適度な演出として気分を盛り立てます。

両方とも「事実とは異なった描写」なのですが、なぜこうも違いが出るのか。
森奈津子の小説「先輩と私」において、時代考証についての話、という形でこれについて主人公達が会話するシーンがあります。
曰く
「作者がしったうえでやっているのか、それとも単なるミスなのかの違い」
「意図的に事実に反した事を書いているのか、それとも単なるミスなのかの違い」
とあります。

これはなるほど。
作者が事実を知らないが故の「ミス」は読んでいてひっかかりを覚えてしまう。
しかし、作者が事実を知った上で行う「演出」ならば読んでいてひっかかりを覚えない。
つまりはそういう事なのでしょう。
この「先輩と私」は創作にかんして「なるほど」と思わされる内容も多いので、ブーン系作者の皆様に限らず、創作活動全般に勤しんでいるかたがたにお勧めです。

いや、まぁ、基本的には官能小説なんだけどね。


さて。今日はこれからRCです。
今回はヨコモのER34(ドリラジベースに足回りをリセッティングするらすい)も加わっての3台の予定。
よっしゃー! 痛34Rをばっちり走らせるでぇ。
スポンサーサイト

コメント

官能小説、しかも森奈津子とか勘弁してくださいよ…

後生ですから

あれ書いたのお前か!
よかったぞ!

シベリアノーチェックだった…もうVIPには帰って来ないのかorz

>米1
森奈津子けっこう隙なんだけどなー。
内容がイチイチ馬鹿臭くて。

>米2
あれ僕でした。
ありがとうございます!

>米3
シベリアは、まぁ、避難所と言う感じで。
6月になれば規制解除という噂もあるので。
それでも解除されないなら何か考えます。

ああ・・・その、なんだ、ごめん
「『後生ですから』と来たら緊縛だ!」というネタがあってね
「西城秀樹のおかげです」に入ってる短編「エロチカ'79」をぜひ読んで欲しい

バイブ挿入するときの台詞が「行け! 轟天号!」とかねもう

森奈津子氏はついったでもトバしてるから見てないならヲチおすすめするよ!

>米5
「西条秀樹のおかげです」まだよんで無かった! ごめん!
読んでるのは「先輩と私」と「姫百合たちの放課後」くらいか。
「シロツメクサ、アカツメクサ」買うだけ買って読んでねぇ!
至急、チェックいたします。

所で「轟天号」で究極超人あ~るのほうを思い出してしまった。
だぅわぁ~いぜうぶ! むわぁかせて!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://f6anaat.blog40.fc2.com/tb.php/217-8f624e40
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。