上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の縞パンの記事に対するコメントを見ると、なにやら僕が何らかの違法行為によりアレを入手したと思っている人がずいぶんいるらしい。
しかし、その仔細に関しては既に某幼女がブログで記事にしているので、そこは割愛させていだく。
今回は、それとは別件のお話。まぁ、どの道パンツ絡みではあるんだけれども。

このお話をする間に、一つ、読者諸兄に知っておいて欲しい事がある。
僕は、この「僕」という男性的一人称を使っている故、男性だと思っている人も多いだろう。
しかし、僕の性別に関しては、某幼女のブログにある通りだ。
僕がいつからこの一人称を使うようになったのか。
その詳細な時期に関しては、よく覚えていない。
だが、おそらくは。
自身の、女性でありながら女性が好きという特異な性質を自覚したときからなのだと思う。


時は、昨日の夜にさかのぼる。
僕は、その日も絶好調でほのチャに入り浸っていた。
今日妙に盛況なもので、普段の面子に加えほのさん本人やトソいつさんなども居た。
とある人が某スレ立ててラジオやってたりと、その影響もあって、ひどくカオスだったのを覚えている。
すると、だ。
ほのチャに、幼女が現れた。

幼女⇒頭文字D:パンツ返してよ

開口一番、ささやきでコレだ。
正直「おいおい」と思わないでも無かったが、この件に関しては僕が悪いのは事実だ。
自分が不美人ではない自覚はあるものの、ああもトントン拍子に事が進むとは思っていなかったので、調子に乗ってしまった。
とかく、僕は彼女に待ち合わせ場所を告げると、愛車を飛ばして駅に向かった。

飛ばして、といっても法廷速度を守って数分の距離。
幼女は、既に待ち合わせの駅に居た。
駅の入り口の、自販機の前にポツン、と佇んでいる。
何度見ても、やはり8歳児だ。
僕も東京に居た頃、何人かの女性と関係を持つ事はあったが、まさかこんな幼子に行き着くとは思っても居なかった。
まったく、と。自嘲的な笑みを口に貼り付けながら、駅の入り口に車を横付けする。
幼女は、するりと助手席に乗り込んで来た。

「やっ。ばれてない?」

「へいき」

この間合ったときは、あんなにも動揺していたのに、今日はツンとしたものだ。
すこし苦笑しながら、車を出す。
僕の愛車は、車通りの少ない夜の国道を疾走する。

「どこかに入る?」

「それより、アレ、持ってきてるの?」

ぶっきらぼうに、幼女がいう。
よほど恥ずかしいのか、少し頬が赤くなっているのが判った。
思わず、口元に、酷く軽薄な笑みが浮かんでいるのを自覚した。

「大丈夫。持ってきてる」

言って、後部座席に置いておいた鞄を指差す。
その鞄の中には、つい先日まで幼女が履いていた縞パンが入っている。

「僕は、どっちかっていうと青のほうが好みなんだけど」

「うるさい」

幼女は、自分の持ってきた鞄に、僕の鞄の中身を移し変えていた。
それを横目で見ながら、やはり可愛らしい物だと実感する。

「どうする? どっか入る?」

「いい。家まで送って」

「了解」

残念だが、あの日は僕にも重要な案件があった。
少し乱暴にアクセルを踏み込んで、彼女の家のほうを目指す。
まったく、確かにあの時は僕が悪かったが、もう少し愛想よく振舞ってくれてもいいんじゃないかと思う。
たとえば、あの日、僕の家に来ていた時のように。

彼女の家には、すぐに着いた。
1月にしては珍しく、雪の積もっていない道は快適だった。

「じゃあ、また」

「またなんか、ない」

そう言い放って、家に入る幼女の背中を見守る。
次は、必ずある。なんせ、彼女のラヴクラフト全集は僕の手の中にあるのだから。


それに、だ。どうにもほのさんの方は、相当な浮気性らしい。
幼女が、それを知っているかどうかは、まだ判らないけれども、僕の友人のTも、ほのさんに口説かれたらしい。
この調子なら、僕にも勝機はある。
なぁに、やってみせるさ、と。
僕は、車内でひとりごちた。
スポンサーサイト

コメント

アニメ化決定

面白い妄想だ。映画化決定。全俺が抜いた。

ボクっ娘で百合っ気ありで変態車好きとかハイスペックすぎだろ…
そんな娘いたら真っ黒なマント被り顔にはSマーク入りガイコツ装着してスケルトンスズキを名乗りながら拉致るぜ

>米1
きっと良作長編が出来るに違いない。

>ギコ見た
察せ!

>米3
抜くなよwwww

>米4
スズ菌感染者の変態め!
3型カタナ買ってくれるならさらわれてもいいよ!

アシ車にN-1アルト買っちまった…
NAエンジンFFなアルトはダメですか?

Re: タイトルなし

> アシ車にN-1アルト買っちまった…
> NAエンジンFFなアルトはダメですか?


大丈夫! 僕のLg-4なんか4WDだけどNAでしかもATだ!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://f6anaat.blog40.fc2.com/tb.php/166-09237536
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。